2009年01月18日

ありがとう新潟

2009年、明けましておめでとうございますのライブは新潟でございました。呼んでくれたいづみには本当に感謝です。ありがとう。対バンの皆様はじめ関係者の皆様も本当にありがとうございました。僕は幸せでした。
物理的に遠いという単純な理由から、大変ご無沙汰してしまった新潟。「待っていた」という一言がズシンと来た。申し訳ないm(_ _)mそう言ってくれる人が一人でもいるならどこだろうと必ず行くぜ。『約束』します。僕らはきっとまた会える、いや、会うのだ。


ちなみに。東京に帰って来てまず思ったこと。東京の冬も負けじと寒い。耳ちぎれそう。
posted by isoken at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月31日

2008年を終えるにあたり

昨日両国に足を運んで下さった皆さんはもちろんのこと、この一年を通じて出会えた全ての方々に感謝申し上げたいわけです。皆さんの新しい一年が素晴らしいものになるように心よりお祈り申し上げます。
電車の中でもの凄く背の高い外人さんが酔っ払った様子で座席に足を伸ばして寝ている様子を見ても、「よいお年を」という気持ちで見てあげられる、この気持ちを少しでも長く維持したい。そんな年末です。
来年もツチのコをよろしくお願いいたします。かしこ。
posted by isoken at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月21日

不条理な暴力を許さない

『ユナイテッド93』という映画がTVでやってまして。録画して見ました。映画館でも見た作品なんですが。9・11テロ事件で、ただ一機目標に到達することなく墜落した飛行機、ユナイテッド93。機内の乗客達がいかにテロを知り、テロリスト達と戦ったかを描いた作品で、ほぼドキュメンタリーと言っていい映画ですね。なかなか重い内容なんで、見るのにもエネルギーがいるわけですが、それでも現代社会を担う一員として目を逸らしてはならん、と少々気張って見たわけです。印象的なのは、墜落しようとする機内の中、被害者の乗客=アメリカ人が十字架をきり、加害者のテロリスト=アラブ人がアラーの名を呼ぶ、というシーン。監督の強烈な問いかけを感じます。

かたや日本。もはや宅配便の声にさえ警戒しないといけない世の中。相次いで元厚生事務次官宅が襲われ、前代未聞の状況に陥った中で、万万が一これが年金問題に対するなんらかのメッセージを含んだものだとするならば、市民社会に対する卑劣な挑戦と言わざるを得ません。まさに、テロということになる。仮にそうでなかったところで、犯人の人を人とも思わないような手口は許されない行為ですが。いずれにせよ、こうした犯罪が起きるようになった以上大切なことは声に出す姿勢だと。個人的にはそう思います。立場や職業を超えて、一人の市民としてこれは大事なこと。「不条理な暴力を許さない」というメッセージを、一人ひとりが発信すべき時代になったのかもしれません。一昔前は、そんなこと当たり前だったんでしょうが、どうやら現代はそんなに甘くはないようで、そこから僕らは試されているんだと思います。
posted by isoken at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月06日

Yes,We Can

私はあなたの大統領になる―素晴らしい言葉です。アメリカ史上初のアフリカ系大統領になったバラク・オバマ氏。とにかく演説が凄まじい。素晴らしいどころではなく、凄まじいのです。ハートの奥深いところに言葉が直接突き刺さる。言語を超えた何か。英語か日本語かという問題すら容易く飛び越えたむき出しの生々しい魂。そういう演説なのです。この人の発する言霊の前では人種差別や宗教の違いもちっぽけなものと信じられるんだろう。yes,we can 我々は乗り越えられる。まるでロックスター(笑)麻生さんじゃ無理だなぁ。スケールが違いすぎます。
今や、アメリカはおろか世界中でオバマブームです。一つにまとまったアメリカ国民の姿を見て羨ましく思った人も多いのでは?
しかし、忘れてはいけません。我々には実に手近な前例がある。小泉さんが総理大臣になった時、多くの日本人がまさにあのように熱狂したものでした。そして、小泉さんのおかげで変わったこともたくさんあったが、良くないこともたくさんあった。オバマさん=小泉さん、とは全然思いません。でも、彼の言葉が大きく、カッチョよく取り上げられる時だからこそ冷静に耳を澄ませていたいです。彼に反論する人の声を聞き逃さないように
posted by isoken at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月30日

ご近所メイド

メイド喫茶。生きていて一度くらいは体験しておきたい場所の1つです。やっぱり異文化交流は大事だ。間違いない。

が、実は僕の地元にはすでにメイドがいるのです。ちょっとした話題の人。ゴスロリって言うんですかね?ともかくフリフリな格好した人が、3人。いつも3人でいます。コンビニ、バス停、あらゆる日常的な場所に出没。場所が普通だけに余計目立つ。しかもですね、僕のここ数ヶ月のさりげない観察によると、どうやら親子なんじゃないかと思う。そりゃ、話題にもなるわ(笑)!

結構ご年配の女性と、さらに輪をかけてお年の行かれた様子のご婦人。気になります。どこに行くのか?普段何してるのか?当然すれ違う人々の視線は集中するわけですが、そこは覚悟というものが違う。意にも介さず、堂々としたもんです。見事なり。慣れてきたせいか最近は微笑ましい光景ですらありますです。
posted by isoken at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月23日

よく思うこと

A型は几帳面。B型は付き合いづらい。O型はアバウトでAB型は二重人格。

それは血液型故ではなく、育った環境故です。間違いない。25%の確率をみんな錯覚してるんだ。当たった時の快感は残るが、外れた時のスカシ感は忘れてしまうから。絶対そうだ。

しかも、しかも設定がズルいと思います。みんなどっかしら几帳面だし、アバウトな面もあるし、みんなには見せない素顔もあるでしょ?つまり、血液型から定義される性格分類は何も言ってないに等しい。人間を捕まえて、「目と鼻と口がある!」と騒いでるのと同じです。



…えぇ、AB型です。血液型を言って芳しい反応が返ってきたためしがないです。
posted by isoken at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月18日

紅葉

「山粧う」秋ですねぇ。紅葉がキレイな季節です。

今では紅葉が一般的ですが、昔は「黄葉」と書いて、黄色く色づく葉っぱのことを指すのが一般的だったみたいです。というのも、中国の陰陽五行では黄色が最も高貴な色とされていたからだそうで(正確には方角的に中央を指す=皇帝のいる場所→縁起のいい色)、当時中国の影響を強く受けていた日本人は黄色く色づく葉っぱの方にむしろ関心を寄せていたんだそうな。が、時が経つにつれて「やっぱ、赤の方がキレイじゃね?」となっていつの間にか、「紅葉」が一般的になったんだとか。

ちなみに色彩学で言うと、緑の反対色は赤。つまり、緑の山々が色づき始めた時に、一番映える色が赤なのです。だから、「やっぱり赤の方が…」と考えた日本人の感性は理論的にも正しい眼鏡

紅葉狩りに行きたいですね〜
posted by isoken at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月14日

ホラーが好き☆

完全に私事なんですが。ホラーが大好きなのです。辛いものが好き、みたいな。「辛い、辛い〜!」言いながら食べるのが好きなように、「こぇ〜っ!」って言いながら見るのが好きです。昔、満喫で一人、『呪怨』を見ながら一夜を過ごしたことがあります。うん、変わってる(笑)

で、最近フジテレビの深夜番組で『トリハダ4』っつー番組を見まして。4って言うぐらいだから4回目なんですけど、初めて見ました。久々ヒット!ホラーにありがちなオバケ物じゃないところもツボで。ホラーと言うよりサイコスリラー(?)。すごく良かったです。どうやら不定期の番組らしいいんですが、是非レギュラー化していただきたい。イチ押しです。
posted by isoken at 21:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月12日

とげぬきピーポゼロ@fourvalley

久々にライブでしたよー!足を運んで下さった皆様、並びに企画に関わった全ての方々、本当にありがとうございました。楽しかったっす!

テーマは笑顔っつうことでどんなジャンルの表現であれ、究極的には伝えた相手に笑顔になってもらえたらサイコーなわけで。原点回帰というか、再確認というか、色々感じることの多い1日でした。

不景気だ不景気だって言いますけどね、こういう時こそ不真面目な意味ではなく、笑っていたいもんです。アニマル浜口が笑うことが一番の健康法みたいに言ってましたが、その通りだと思います。笑う門には福来たる。
posted by isoken at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月16日

TYPHOON CONDITION ONE vol.343 PRYER'S WALK TOUR 2008 FINAL @新宿MARZ

終戦記念日のライブでした。個人的に感慨深いものがあります。
あの場にいてくださったすべての方々に心より感謝したいと思います。どうもありがとうございました。
本当に素晴らしかった。。。

世間は夏休みってことで、好きな本を紹介させていただいちゃったり本灰谷健次郎さんの『太陽の子』という本です。とっても有名な作品なのでご存知の方も多いかと思いますが。

沖縄のこと。戦争のこと。学生時代、遊んでばかりだった僕に、知ることの大切さを教えてくれた一冊です。MARZで紙飛行機を飛ばした時、僕はこの本の中で描かれている主人公の女の子を思い浮かべていました。

祈。

posted by isoken at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
BS blog Ranking FC2 Blog Ranking

クチコミblogランキング TREview
人気ブログランキングへ